1. TOP
  2. 好条件と思えた男性から逃げる

好条件と思えた男性から逃げる

2015/03/12 好条件と思えた男性から逃げる
この記事は約 3 分で読めます。 347 Views

周りの友達も次々に結婚していく20代の後半の頃、ちょうどその時に付き合っていた彼氏がちょっと頼りなかったのでした。

周りが結婚ラッシュだったので、私も相手の事をついつい「結婚の条件としてどうか?」という目で見てしまっていました。

 その時の彼氏は別に悪いところも無かったのですが、将来性、経済力にちょっと不安が感じられたのです。直ぐに次の
好条件の男性に乗り換えられるほどもてる女性ならよかったのですが、私もそうもてるタイプではありませんでした。

 なので、決定的汚点も無いのに、付き合っている彼氏と別れて一人になる勇気もありませんでした。

 そんな感じでモヤモヤしている時に、職場の同僚の紹介で好条件の男性と出会ったのです。

 その男性は5歳年上で、かなり大手の会社に勤めていました。見た目も並以上でしたし、ファッションも問題無しでした。

同僚を交えて4人でご飯を食べに行ったのですが、初めての席でも周りに話題を振ったり、その場を和ませたり、社会性も
問題無しでしたし、「この人はいけるな」と直ぐに思いました。

 そして、ラッキーな事にその男性が私に好意を抱いてくれている感が分かったのでした。女性2人と男性2人の4人だったのですが、
私とその男性が会話する事が段々多くなり、お店を出て駅に向う間も2人で話すといった感じになったのでした。

 「もうこれはチャンス!」と思ったら、数日後に同僚から「その男性に連絡先を教えてもいいか」と聞かれました。勿論OKで、連絡先を
交換し、早速二人で会う事になりました。

 最初から「チャンス!チャンス!」と心弾ませていました。初回に4人でご飯に行った時のように2人でもスムーズに会話は進み
とっても良い感じでした。

 でも、会話が進むに連れて、その男性からある告白がされたのでした。

 「実はばついちで、子供がいる」と。5歳年上と言っても、まだ30代前半ですよ。かなり驚きました。「20代前半で出来ちゃった結婚をして
半年足らずで離婚した」と言うのです。「お互いまだ若かった」「奥さんもまだまだ社会に出たくて、家を出て行った」と婉曲的に
「自分は悪くなかったんだ」と言いたいようでしたが、一気に冷めました。

 どんなに若かろうが、奥さんが逃げようが、半年足らずで別れたのは事実です。「私まで半年足らずで離婚する羽目になったらたまんない!」
とそそくさと逃げました。

\ SNSでシェアしよう! /

あなたの婚活・恋愛話を聞かせてちょーだいの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

あなたの婚活・恋愛話を聞かせてちょーだいの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

聞かせてちょーだい

この人が書いた記事

  • NO IMAGE

    ネット上での口コミだけを信じずに自分の目で調べないと婚活は後悔する

  • NO IMAGE

    どんどん最新の婚活アプリがリリースされるからこそ見極めが必要

  • NO IMAGE

    結婚するには男性は多額の費用が必要だと割り切りが必要

  • NO IMAGE

    婚活サイトで会いやすさを求めるならブライダルネットのような女性有料の婚活サイトは1つの手である

関連記事

  • NO IMAGE

    婚活も恋愛も肝はコミュニケーションをたくさんとること

  • NO IMAGE

    イベント婚に参加して趣味を楽しみつつ、相手を見つける婚活の方法

  • NO IMAGE

    評判の婚活サイトを試してみた結果

  • NO IMAGE

    婚活サイトの利用について

  • NO IMAGE

    ある意味略奪婚?

  • NO IMAGE

    出会いは合コンサービスでの間違いから